・・・・メールは「自己紹介」ページより
予定&告知
5/20(土)
ひよし青空市( →イベント告知ページ)に出店します。


毎月
「とみ市」第1日曜日 (日吉台中央公園/富里市)


不定期

「いのちをいただく~鶏ワークショップ~」
現代社会では、わたしたちがいただいている命の現場を見る機会はまれになっています。
ふれあい体験から、お肉の取り方まで、ご希望に応じてセッティングいたします。
お問い合わせください。


「畑見学、直売」

随時受け付けております。
※数日前までのお問い合わせをお願いいたします


twitterでも告知を行っています。
※PC版では、左上に表示されています。
 カテゴリ:未分類 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
取り扱い店舗
富里JA直売所 (卵)
 1号店2号店ともに卵を委託販売しています。季節により入荷数に変動がありますので、ご予約いただけると確実です。


やちまたよしくら (卵、野菜)
 おとなり八街市の無添加ピーナツバターやジャムetc製造販売のお店。野菜、卵を扱っていただいてます。こちらもご予約が確実。


N_Kitchen + (野菜、レストラン)
 ご縁あって、おーけー野菜を取り入れていただいているレストランです。


直売(野菜、卵)
直売も承っております。※予約販売になりますので、最新野菜情報をご確認の上、ご希望をお伝えください。
 カテゴリ:SHOP コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
産む前たまご


先日おいしくいただいた雌のおなかの中にあった卵です。黄身と白身の外に薄皮(卵殻膜)が形成されたところでした。
白身どまりでもなく、殻が出来始めてもいない、このタイミングに遭遇するのは偶然のたまものです。

そっと、薄皮を破って白身を露出させてみたところ、手の中で卵形を保ったままゴムボールのようにふよふよと弾む姿には感動しかありません。
お皿に移して写真に収めてみましたが、あの質感が少しでも伝わっているといいのですが…
 カテゴリ:ニワトリ コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
5月の野菜の食べ方
※この記事は、順次追記していきます。追記分は上につきます。
※※お届けする野菜は、ここにある全部ではなく、その時々の収穫によります。
※※新規のご注文は「宅配について」をご覧の上御連絡ください


coming soon →新ニンニク


葉サンショウ 醤油に漬けて香りの移った醤油を焼き魚の味付けに使ったり、塩焼きに乗せて香りを移したり、味噌田楽にも合いますね♪

花パクチー パクチーの花(穂)の部分です。パクチー独特の香りは少し和らぎ、ディルやフェンネルといった仲間のハーブと共通の甘い香りが加わります。こちらのほうが好き、という方も。葉のパクチーのようなパンチを効かせるという使い方よりも、サラダに華を添えるような使い方が向くかもしれません。

玉ねぎ まずは小サイズ(ペコロス)から出荷開始です。小を丸ごとスープで茹でたものは、甘みが閉じこめられて、大きい玉のものとはひと味違います。

空豆 自然農の空豆は香りが違います

スナックエンドウ いわずとしれた。加熱はごく短時間で。

ネギ(ボウズシラズ) パリッとしているが筋張ってはいない食感が特徴。

葉タマネギ タマネギの甘味とネギの使いやすさを兼ね備えた野菜(タマネギの葉です)

チリメンケール
黒キャベツ どちらもケールの仲間ですが、やや厚みのある後者はスープ、前者は炒めもの向き。冬よりは苦みが出るので、加熱向きです(加熱すると甘みがでます)

オークレタス(赤) 華やかな形と彩り。レタスの中ではうまみは強く苦味は少ないほうです。

チヂミ菜 小松菜と似た使い方をします。うまみが強く、小松菜より青臭さが少ないので、青物が苦手な家族がいる方に特に特に好評です。

アシタバ お浸し、天ぷら、汁の美など。強いセリ科の香りが美味しい野菜ですが、あまり得意でない場合は汁に入れる場合は下茹でしてからご利用ください。切り口に出る黄色い液が、アシタバ特有の健康成分です。

フキ 葉は佃煮風に、茎はあっさり味で焚くのがオススメ(いずれも適宜あく抜きをします)。下拵えした茎を炒めなどに加えてもいいですね。

ヨモギ 春の若芽は薫り高くクセは少ない。草餅、天ぷらがメジャーですが、茹でて塩をたたき込むように刻んだものは香り調味料として幅広く使えます。
また生のまま刻んで、お好みの油で塩にんにくと炒めたものは、パスタやサラダによく合います。ごま油と醤油味でうどんや豆腐にトッピングするのも美味しい。

ノビル ニラネギの仲間で、代表的な山菜。根(鱗茎)は塩もみや、味噌をつけて生で、青い茎葉はさっとゆでるか炒めて味噌を絡めるのがオススメ。

ミツバ お吸い物やおひたしに。
 カテゴリ:野菜の食べ方 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
桑の実とヘビイチゴ
(T.Y.記)今日もひとり雑木林の整備。遅々として進まぬように感じる作業、季節は人を置き去りにして進んでいってしまう無情な存在に感じる。しかしその季節の巡りだけが、ふと手を休めた時、何も求めていない時に限って、何かを見せてくれる。


萼の開きかけたヘビイチゴ。所詮食えないし…なんて言って軽んじがちだけれど、こぼれ落ちそうな宝石を抱きとめているような姿は、しばし見入ってしまったほど愛らしかった。



小さな実が入り始めた桑。写真では虫っぽくて(^^;)今ひとつ伝わらない気がしますが、こちらも初夏の葉の透明感ある緑とあいまって、実物はなかなかにきれいです。ブローチみたい。
 カテゴリ:四区 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
copyright © 2011-2013 おーけー自然農園 all rights reserved. powered by FC2ブログ.