・・・・メールは「自己紹介」ページより
予定&告知
7/15(土)
よっといで朝市( →FBページ)に出店します。小さな公園のアットホームなマルシェ。採れはじめの夏本番野菜を持って行きます。
(9月以降、毎月の出店になるかもしれません)→9月はお休みします


毎月
「とみ市」第1日曜日 (日吉台中央公園/富里市)


不定期

「いのちをいただく~鶏ワークショップ~」
現代社会では、わたしたちがいただいている命の現場を見る機会はまれになっています。
ふれあい体験から、お肉の取り方まで、ご希望に応じてセッティングいたします。
お問い合わせください。


「畑見学、直売」

随時受け付けております。
※数日前までのお問い合わせをお願いいたします


twitterでも告知を行っています。
※PC版では、左上に表示されています。
 カテゴリ:未分類 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
取り扱い店舗
富里JA直売所 (卵)
 1号店2号店ともに卵を委託販売しています。季節により入荷数に変動がありますので、ご予約いただけると確実です。


やちまたよしくら (卵、野菜)
 おとなり八街市の無添加ピーナツバターやジャムetc製造販売のお店。野菜、卵を扱っていただいてます。こちらもご予約が確実。


N_Kitchen + (野菜、レストラン)
 ご縁あって、おーけー野菜を取り入れていただいているレストランです。


直売(野菜、卵)
直売も承っております。※予約販売になりますので、最新野菜情報をご確認の上、ご希望をお伝えください。
 カテゴリ:SHOP コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
9月の野菜
※この記事は、順次追記していきます。追記分は上につきます。
※※お届けする野菜は、ここにある全部ではなく、その時々の収穫によります。
※※新規のご注文は「宅配について」をご覧の上御連絡ください


インゲン ごく短時間茹でて、水に取らず、扇いで冷ます過程の余熱を利用すると、栄養が損なわれません。

ニンジン葉 間引き菜。固そうな茎の太目の部分は除き、駒か目に刻んで炒める。おあげ+醤油が鉄板ですが、パスタなど洋風にも。

ルッコラ 生で刻んで、サラダやパスタに。ナンプラー味の焼きそばにも結構いけます。この季節はやや辛みが強いですが、細かく刻んで油(ソース、ドレッシング)と合わせると以外とたくさん食べられます。

パクチー アジアンハーブといえば。というイメージですが、実は西洋料理でも使います。納豆の薬味にも合いますよ。

花ニラ 夏の終わり~秋のごく短い期間だけ食べられる、ニラのつぼみ。ニンニクの芽のような香りです。二センチ以下程度に刻み、炒めて味噌か醤油で味付け。

マイクロトマト プチプチ可愛い実力派!

エゴマ(葉) 大葉代わりに使える、大葉より甘みのある香り。刻んで醤油か味噌に漬けておくと、長持ちします。

ツルムラサキ お浸し、汁の実、炒めものに。独特の風味が苦手な場合は、油とあわせると食べやすくなります。パスタなどにほうれん草代わりに入れても。

空芯菜 シンプルな炒めものや、チャンプルーに加えて(塩、味噌、醤油、ナンプラー、なんでも合います) 

水ナス お漬け物に

大長ナス 炒めものに

キュウリ サラダやおつけものだけでなく、加熱調理もお試しください。乱切りキュウリと炒り卵の取り合わせは見た目も美しい。

ピーマン 和・洋・中。生・煮・炒。と

ニンニク 無肥料ニンニクは香りが違います。なのに嫌な匂いはなく、翌日に残らない。

タマネギ サラダにも、煮込みにも。涼しくなってきたので、半透明になるまで短時間無水調理して、ホットサラダもいいですね。
 カテゴリ:野菜の食べ方 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
台風18号
 富里は台風の中心からはかなり離れていたのですが、暴風域の広さのために結構な風が吹きました(九時過ぎ現在、まだなかなかに吹いています)。
 気を揉みながら、安全な風速になるのを待ち、まずは鶏小屋ハウスの無事を確認。屋根も飛ばされず、ネットの破損もなし。もちろん鶏たちも無傷でした。あとになって卵の数に影響が出たりはするのですが、それは仕方ないこと。



 遠目にハウスが原形を保っていることを確認できたときには後光が神々しく感じました。

 一息付いたら、畑に行きます。


 10:11追記。
 畑、おおむね無事でした。倒れ気味だったキクイモがさらに倒れ込んでいましたが、根は土に残っているので、多少収量は落ちるとしてもなんとか収穫には至れるでしょう。
 しかしこの9月中旬~下旬の夏が戻ったような青空とキクイモの花の取り合わせは、毎年のことながら清々しい一景です。

 カテゴリ:雑記 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
玉ねぎのオススメ

最近ハマっているのがサラダやパスタ、カレーに根気良くジックリと飴色に炒めた玉ねぎと、生のオニオンスライスの2種類を使うこと。
飴色になるまで、じっくり炒めた玉ねぎの深いコクのある甘さと、仕上げに投入する生玉ねぎのフレッシュでシャープな甘さが口中で合わさり至福の時へといざなってくれます。
 お試しあれ!
写真は炒めと生の玉ねぎ2種とルッコラ、ニンニクなどドッサリ使用したパスタ。サバ缶(水煮)も和えています。パスタなしで、おかず兼サラダとしても美味しく食べられます。

さて、来年の玉ねぎは今の所、3品種を予定しています。
ここ千葉県では白子が玉ねぎ産地として有名です。
砂地に水、そして海風のミネラルという地の利があるからでしょうか。
大産地である淡路島では近年、玉ねぎ栽培中に塩や海水を圃場にかける事が流行しています。
とあるタイミングで使用すると塩害も無く糖度や風味が上がるからです。
来年収穫の玉ねぎは、あえて白子統一品種「ソニック」を青切りのサラダ玉ねぎ用として栽培してみます。
自然農では、どのような味になるのか今から楽しみです。
そのほかにサラダ用赤玉ねぎは固定種の「千紅1号」、長期保存用吊り玉にケルニチンが通常の2倍含まれるという「ケルタマ」をメインに、作りやすいF1「ネオアース」を保険に作付ける予定です。
いずれも来年5月後半から収穫となります。
 カテゴリ:詳しい食べ方 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : タマネギ ルッコラ トマト ニンニク 
copyright © 2011-2013 おーけー自然農園 all rights reserved. powered by FC2ブログ.