・・・・メールは「自己紹介」ページより
9月の野菜
※この記事は、順次追記していきます。追記分は上につきます。
※※お届けする野菜は、ここにある全部ではなく、その時々の収穫によります。
※※新規のご注文は「宅配について」をご覧の上御連絡ください


柿 もちろん無農薬。今年は日照不足でまだ味が乗り切っていませんが、少しずつお届けします。堅めのものは薄ぎりしてサラダに加えるのもオシャレですね。

生落花生(ナカテユタカ) 沸騰した湯にやや濃いめに塩を入れ、土を洗い落とした落花生を約40分茹でます。柔らかい味の変化が早いので、着いたら出来るだけ早く食べてください。保存する場合は、茹でてから殻つきのまま冷凍します。

インゲン ごく短時間茹でて、水に取らず、扇いで冷ます過程の余熱を利用すると、栄養が損なわれず、歯ごたえもよい。

ニンジン葉 間引き菜。固そうな茎の太目の部分は除き、駒か目に刻んで炒める。おあげ+醤油が鉄板ですが、パスタなど洋風にも。

ルッコラ 生で刻んで、サラダやパスタに。ナンプラー味の焼きそばにも結構いけます。この季節はやや辛みが強いですが、細かく刻んで油(ソース、ドレッシング)と合わせると以外とたくさん食べられます。
 また、以外にもおひたしが美味しい。ごく短めにゆでると、ほどよい香りが残りつつ辛みが抜けるので食べやすくなります。食感は小松菜に似ています。

パクチー アジアンハーブといえば。というイメージですが、実は西洋料理でも使います。納豆の薬味にも合いますよ。

花ニラ 夏の終わり~秋のごく短い期間だけ食べられる、ニラのつぼみ。ニンニクの芽のような香りです。二センチ以下程度に刻み、炒めて味噌か醤油で味付け。

マイクロトマト プチプチ可愛い実力派!

エゴマ(葉) 大葉代わりに使える、大葉より甘みのある香り。刻んで醤油か味噌に漬けておくと、長持ちします。

ツルムラサキ お浸し、汁の実、炒めものに。独特の風味が苦手な場合は、油とあわせると食べやすくなります。パスタなどにほうれん草代わりに入れても。
ごま油との相性抜群、と思っていましたが、オリーブオイル+醤油の組み合わせがお互いの癖を打ち消して旨味を引き出して美味しかったです。

空芯菜 シンプルな炒めものや、チャンプルーに加えて(塩、味噌、醤油、ナンプラー、味付けはなんでも合います) 

水ナス お漬け物に

大長ナス 炒めものなど加熱用に

キュウリ サラダやおつけものだけでなく、加熱調理もお試しください。乱切りキュウリと炒り卵の取り合わせは見た目も美しい。

ピーマン 和・洋・中。生・煮・炒。と、使い勝手のよさと調理に包丁いらずな手軽さも魅力のひとつです。

ニンニク 無肥料ニンニクは香りが違います。なのに嫌な匂いはなく、翌日に残らない。

タマネギ サラダにも、煮込みにも。涼しくなってきたので、半透明になるまで短時間無水調理して、ホットサラダもいいですね。
 カテゴリ:野菜の食べ方 コメントを読む・投稿する(0)

関連する記事 : 
copyright © 2011-2013 おーけー自然農園 all rights reserved. powered by FC2ブログ.